高校野球2017 春季近畿大会1回戦見てきました

2017年8月26日

スポンサーリンク

今回の内容

2017年、春季近畿大会1回戦、龍谷大平安高校 VS 彦根東高校、大阪桐蔭高校 VS 智弁和歌山高校の試合を見てきましたので、他の試合と併せて結果報告します。

今回優勝校を予想したのですが、見事に外してしまいました。

高校野球は難しいです(ー ー;)

予想した記事はこちら

準決勝、決勝の結果はこちら

智弁学園 VS 大体大浪商

●智弁学園2ー3x◯大体大浪商(延長14回)

この試合、見てないのですが、延長14回の熱戦で凄い試合だったみたいです。

浪商の先発はエースの宮本くん。智弁学園の先発はエースの松本くんではなく、伊原くん。浪商が初回に先制、6回に智弁学園が追いつきます。

智弁学園はエースの松本くんが5回から投げたようです。

1-1のまま両校譲らず延長戦へ。延長12回でも決着がつかず、延長13回からタイブレークに突入。近畿大会では初の導入です。

タイブレークは無死1,2塁から始まり、好きな打順を選べます。

延長13回は両校無得点。14回、浪商はピッチャーを宮本くんから田村くんにスイッチ。先攻の智弁学園が1点を勝ち越すも、その裏の浪商、2アウト2,3塁から5番田中くんがセンター前タイムリーヒットでサヨナラ勝ちを収めました。いきなり凄い試合をしてくれますね。

智弁学園

00000100000001=2

10000000000002=3

大体大浪商

報徳学園 VS 東海大仰星

●報徳学園3ー4◯東海大仰星

僕が優勝と予想した報徳学園が登場です。報徳学園の先発はエースの西垣くん。東海大仰星は河内くん➡︎笹沼くんの継投。

初回に報徳学園が1点を先制しますが、3回に東海大仰星が2点を取り逆転。

5回、報徳学園が3番小園くんの2ランで再逆転しますが、その裏、東海大仰星が2番後藤くん、4番仲村くんのタイムリーで再び4-3と勝ち越し。

結局、このまま試合終了。

この試合は報徳学園が勝つと思っていたので、びっくりでした。

報徳学園のエース、西垣くんが4点取られるとは思いませんでした。東海大仰星、さすが履正社を破ったチームですね。この試合見たかった。。。

報徳学園

100020000=3

00202000X=4

東海大仰星

龍谷大平安 VS 彦根東

●龍谷大平安2ー3◯彦根東

今大会唯一の公立校、彦根東高校の登場です。個人的に応援してる高校です。

先発は平安がエースの高井くん。彦根東が背番号10の増居くん。

初回、彦根東高校が2点を先制。しかし直後の2回表、平安が追いつきます。追いつかれた直後の2回裏、スクイズで再び彦根東が3-2と勝ち越し。

6回、彦根東が1死2,3塁のチャンスを作ったところで、平安はピッチャーを島田くんにスイッチ。僕はこの時に球場到着。こっから実際に試合を見ます。

↓島田くんです。

まだ荒削りな感じですが、凄いまっすぐを投げてました。このピンチを2者連続三振で切り抜けます。

島田くん、まっすぐの威力だけなら大阪桐蔭のエース、徳山くんより上かもしれないです。最後まで彦根東は島田くんからヒットを打てませんでした。楽しみなピッチャーを見れました。

対して、平安打線に立ちはだかるのが、彦根東の背番号10、増居くん。↓

この増居くん、丁寧にキレのあるまっすぐを投げるんです。平安打線を完璧に抑えてました。

結局、試合は3-2のまま動かず彦根東高校の勝利で終わりました。最終回は増居くんが三者連続三振で締めました。ナイスゲームでした!

龍谷大平安
 020000000=2

 21000000X=3

彦根東

スポンサーリンク

智弁和歌山 VS 大阪桐蔭

●智弁和歌山3ー6◯大阪桐蔭

春の選抜優勝校、大阪桐蔭の登場です。試合前のノックから凄かったです。西谷監督大きかった。

両校スタメン以下です。

智弁和歌山は黒原くん、大阪桐蔭は徳山くん、両チームエースが先発です。予想の記事で大阪桐蔭は徳山くん投げないとか予想してすみませんでした。。。

大阪桐蔭の徳山くんは初回、三者凡退で最高の立ち上がりを見せます。

対する智弁和歌山の黒原くん、初回に山田くんのタイムリー、根尾くんの犠牲フライで2点を失い、2回も藤原くんのタイムリーで2点を失い、1,2回で4点を失います。

ただ、個人的には大阪桐蔭打線をよく抑えていたと思います。初回、2回ともに内野のエラーが多かった。丁寧に投げて上手に内野ゴロを打たせてましたが、肝心の内野手にエラーされてはきつくなりますね。

↓黒原くん

1,2回で4失点しましたが、自責点は1点だと思います。

4-0で迎えた4回、智弁和歌山が反撃します。

四球、ヒットで無死1,2塁とし、送りバンドを徳山くんがサードへ悪送球。これで1点を返し、その後内野ゴロの間にもう一点を返して4-2とします。

5回裏の大阪桐蔭、1番の藤原くんがヒットで出た後、投球をキャッチャーがはじく間に2塁へ、内野ゴロで3塁へ進み、3番山本くんがきっちり犠牲フライで1点追加。このあたりの攻撃はさすがでした。

6回の大阪桐蔭の攻撃中、徳山くんの打席の途中で智弁和歌山はピッチャーを黒原くんから平田くんへスイッチ。いきなりの交代感があったので、何かアクシデントがあったのかもしれません。

智弁和歌山の黒原くん、強力な大阪桐蔭打線相手によく投げました。十分通用してたと思います。牽制もうまく、3つくらい牽制で刺してました。夏楽しみなピッチャーです。

7回、前の回にリリーフした平田くんのタイムリーで智弁和歌山が1点を返し5-3。試合がわからなくなったと思いましたが直後の7回裏、大阪桐蔭は2番中川くんのタイムリーで1点を追加し6-3。これで勝負ありな感じがしました。

結局、このまま6-3で試合終了。エース徳山くん完投です。やっぱり桐蔭強かったです。

でも、智弁和歌山も頑張りました!ナイスゲームでした!

智弁和歌山
 000200100=3

 22001010X=6

大阪桐蔭

準決勝

ベスト4は大体大浪商、東海大仰星、彦根東、大阪桐蔭の4校となりました。

大阪が3校。滋賀が1校。組み合わせは↓

【6/3(土)】
大体大浪商 – 東海大仰星(10:00開始予定)
大阪桐蔭 – 彦根東(12:30開始予定)

僕の予想も見事に外れました。しかし、大阪が強い。。。大阪が強すぎても面白くないので、この大会は彦根東高校に頑張ってほしい!応援してます!!

第2回優勝校予想アンケート

1回戦の時点で僕はすでに外してしまいましたが、残った4校で優勝校予想アンケート作成しました。よかったら投票してください!

2017年春の近畿大会優勝校は?【第2回】

  • 大阪桐蔭高校 (50%, 4 Votes)
  • 彦根東高校 (25%, 2 Votes)
  • 大体大浪商高校 (13%, 1 Votes)
  • 東海大仰星高校 (13%, 1 Votes)

Total Voters: 8

読み込み中 ... 読み込み中 ...

おわりに

報徳学園優勝の予想だったのですが、見事に外しました。。。

高校野球は難しいです。今日、実際に試合を見て、大阪桐蔭がやはり強い。ただ、彦根東も良いチームでした。実は一昨年の2015年、彦根東高校はこの大会で大阪桐蔭を破っています。

今回も、もしかしたら番狂わせがあるかもしれないですね。

また、準決勝、決勝の結果も報告させていただきます。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク