2017年 第99回全国高校野球選手権大会 大阪大会、準決勝と決勝の結果まとめました

2017年8月26日

スポンサーリンク

今回の内容

7/8(土)に開幕した大阪大会、大阪桐蔭高校の優勝で幕を閉じました!履正社高校優勝と予想してましたので、予想外れました^^;

やはり、大阪桐蔭高校強かったですね。準々決勝からは楽な試合がなかったように思いますが、どんな展開になっても勝ちきれるところに王者のつよさを感じます。

しかし、履正社高校、大冠高校と大阪桐蔭高校を苦しめました!見にいけなかったのが残念でなりません。結果だけになってしまいますが、その準決勝と決勝の結果をこちらの記事でまとめました。

大阪桐蔭高校、甲子園でも優勝候補筆頭あげられると思いますので一層マークが厳しくなりそうですが、こうなったら春夏連覇を目指してほしいです!

※こちらの記事で大阪大会予想しております↓

※こちらの記事で大阪大会1,2回戦試合結果をまとめております↓

※こちらの記事で大阪大会3,4回戦試合結果をまとめております↓

※こちらの記事で大阪大会5回戦、準々決勝の試合結果をまとめております↓

※こちらの記事で全国大会(甲子園)予想しております↓

準決勝結果

以下、準決勝の結果になります。※太字が有力と予想した高校

大冠 3 – 1 上宮

大阪桐蔭 8 – 4 履正社

すべて有力と予想した高校が残りました。大冠高校は4強唯一の公立高校です。大阪桐蔭 VS 履正社は今春の選抜大会の決勝戦と同じカードですね。それでは、詳細見ていきたいと思います。

大冠高校 VS 上宮高校

 123456789
大冠0010200 0 03
上宮0000010 0 01

以下、詳細データです。

 打数安打打点二塁打三塁打本塁打三振四死球犠打盗塁残塁失策
大冠3293200703050
上宮3171   632080

大冠高校、上宮高校の好投手、人見くんを見事に攻略していますね。上宮高校はこの春、大阪桐蔭高校と対戦して、敗れはしましたが2-0というスコアでした。大阪桐蔭の打線を2点におさえる投手陣なので、上宮高校が先制すると大冠高校厳しくなるかなと思いましたが、今年の大冠高校は打力が凄いです。

東海大仰星高校、大阪偕星と強豪私学を破ってきたのはフロックではないですね。完全に実力です。

この試合も強豪の上宮高校相手に、あぶなげなく勝っているように見えます。6回からリリーフした上宮高校の巻くんからは点が取れなかったようですが、大冠高校エースの丸山くんが上宮高校をしっかりと1失点におさえて完投。リードを守りました。

上宮高校の人見くん、巻くんは死四球を一つも与えてないですね。このあたりはさすがだと思います。

この勝利で、大冠高校が決勝進出です。夏の大阪大会で公立高校が決勝まで進むのは19年ぶりです。ちなみに、19年前は桜塚高校で、このとき桜塚高校は現DeNAの久保投手率いる関大一校に敗れています。

決勝まできたので、なんとか決勝も勝って、27年ぶりとなる大阪の公立高校代表が見たいです!

公立出身の僕は心情的に公立高校を応援してしまいます^^;

こちら、ダイジェスト動画になります。

大阪桐蔭高校 VS 履正社高校

 123456789
大阪桐蔭0011102 0 38
履正社 0030010 0 04

今春の選抜大会の決勝カードです。この試合を見るために大阪以外のところから来られている方も多かったようで、朝時の時点で300人以上が列を作っていたようです。普段、舞洲ベースボールスタジアムは外野席を解放しないのですが、この日は早くから外野席を解放しました。

内野席、外野席がお客さんで埋まった試合の詳細データは以下になります。

 打数安打打点二塁打三塁打本塁打三振四死球犠打盗塁残塁失策
大阪桐蔭38158401624090
履正社33104   531062

大阪桐蔭高校の打力がやはり凄いですね。あと、大阪桐蔭高校、春季大会ではよくエラーをしていたのですが、この試合はノーエラー、対する履正社高校は2つエラーがあり、最終回は失点につながっています。

夏の勝負ところではしっかり守るあたりもさすが大阪桐蔭です。

この試合、3回に藤原くんのタイムリーで大阪桐蔭が先制します。しかしその裏、履正社がすぐに反撃。4本のヒットを集め3点を奪い逆転に成功します。

4回の大阪桐蔭、連打でチャンスを作り、根尾くんの内野ゴロの間に1点を返し、5回に徳山くんのソロホームランで追いつきます。この大会の大阪桐蔭はリードされてもすぐに追いつく印象です。しかし、ほんとに良い試合です。

6回裏、履正社は代打白滝くんの犠牲フライで再び勝ち越しに成功。6回表、履正社はセカンド溝辺くんのファインプレーでピンチを脱しているので、守備からのリズムを上手く攻撃に活かたでしょうか。

しかし、直後の7回表、大阪桐蔭は3連打で逆転に成功。またもやリードされた直後でした。

8回表の履正社、1死1塁から竹田くんが送りバンド、これをピッチャーの徳山くんがナイスフィールディングでダブルプレーにします。これプレーで流れは大阪桐蔭へ。

9回表、相手のエラーにつけこみ、代打西島くんの左前安打、根尾くんの2塁打などで一挙3点を奪い8-4。これで勝負ありでした。

9回裏の履正社、1死からランナーを出すも、次打者が併殺打でゲームセット。

最後は点差が開いてしまいましたが、緊迫した好ゲームだったようです。観戦した方の感想などを見ても、「これが予選のレベルか?」、「甲子園の決勝みたい」、「2校とも甲子園に出せばよい」など多くのレベルの高さをうかがわせるコメントが目立ちました。

僕が優勝と予想した履正社高校ですが、ここで負けてしまいました。でも履正社高校は昨年秋の明治神宮大会(優勝)、この春の選抜、決勝の大阪対決(準優勝)、そして、この夏と、たくさんの熱いゲームを見せてくれました。本当に良いチームだったと思います。

この2校のライバル関係はこれから先も続いていくと思いますが、夏に限って言えば、直接対決は大阪桐蔭の10連勝です。「来年の夏こそ!!」という思いは履正社高校にあると思いますので、来年の夏も、また熱い戦いを期待したいと思います。

こちら、ダイジェスト動画になります。

スポンサーリンク

決勝戦!! 大阪桐蔭高校 VS 大冠高校

 123456789
大冠0040000 0 48
大阪桐蔭0110210 5 x10

以下、3年ぶりの大阪桐蔭か、初の大冠か、大冠高校が勝てば、大阪、27年ぶりの公立高校代表になったのですが、大阪桐蔭の壁は厚かったです。以下、詳細データになります。

 打数安打打点二塁打三塁打本塁打三振四死球犠打盗塁残塁失策
大冠39138   922083
大阪桐蔭37158311360091

見事、大阪桐蔭高校が大冠高校を10-8で下し、3年ぶりの優勝を決めました!

この試合、両チームともにエースが先発します。大阪桐蔭は徳山くん、大冠は丸山くん。両投手とも昨日から連投となります。

大阪桐蔭、2回にピッチャー徳山くんのタイムリーで先制します。直後の3回表、大冠がなんと5本の長短打を集め一挙4点を奪い、4-1と逆転に成功。徳山くんがここまで連打をくらうのはそうないことだと思います。

しかし、直後の3回裏、大阪桐蔭は5番山田くんのタイムリーで1点を返します。この夏の大阪桐蔭は取られたらすぐに取り返します。4回は互いに無得点。

5回裏、大阪桐蔭は2死満塁のチャンスを作ると、6番根尾くん、7番坂ノ下くんが連続で押し出し四球を選び、同点に追い付きます。大冠高校エースの丸山くん、少し疲れが出てきたように感じます。

6回の大阪桐蔭、1死から1番藤原くんのホームランで勝ち越し。藤原くん、この打席ホームランを狙っていたそうです。藤原くん、ほんとによく打ちますね。。。

大冠の丸山くん藤原くんに打たれたのは失投だったようで、「連続の押し出しは勝負にいった結果だから仕方ないが、このホームランは失投でした」とコメントしています。

丸山くん、後続は打ち取りこの回をホームランの1点だけに凌ぎます。

7回、大冠は無得点、その裏の大阪桐蔭。4番山本くんの打席の途中にピッチャーを丸山くんから右サイドハンドの宮内くんへスイッチ。丸山くん凄い打線を相手に良く投げました。

代わった宮内くんは4番山本くん、5番山田くんを打ち取り降板。ワンポイントだけでしたがナイスピッチングでした。宮内くんの後をうけた土井くん、6番根尾くんを打ち取り、この回大阪桐蔭を3者凡退で0におさえます。

8回、大冠は無得点、その裏、大阪桐蔭先頭の7番坂ノ下くんがフェンス直撃のツーベース。ここで大冠はピッチャーを村上くんにスイッチ。そして、この村上くんが大阪桐蔭打線につかまってしまいます。8番泉口くんからの4連打や守備の乱れ、代打西島くんのタイムリーなどで5点を失い10-4。普通なら、これでおわりです。

しかし最終回、大冠打線が徳山くんに襲い掛かります。代打・山口くんのツーベースから始まって・・・、この涙が出そうになる攻撃こちらの動画で紹介されてます。

最終的にはあと一歩及びませんでしたが、この攻撃中、球場は全体が大冠を応援しているような、そんな感じだったようです。

徳山くんも「球場全体が、相手の応援をしているように思えた」とコメントしています。

しかし、そんな空気の中、逆転の1本は許さず、最後まで一人で投げ切った徳山くんはさすがというしかありません。

このゲーム、大阪桐蔭の勝利に終わりましたが、大阪桐蔭 VS 履正社にも負けない熱いゲームだったと思います。見に行きたかった。。。

敗れはしましたが、大冠高校の戦いぶりは見事でした!この夏、強豪私学を次々と倒し、王者、大阪桐蔭にもあと一歩でした。この夏、大冠高校には夢を見させていただきました。ほんとうにありがとうございました。秋から3年生が抜けて新チームになりますが、来年の夏こそは期待しています!!

それでは、今大会予想した記事でアンケートを実施しましたので、その結果と大会の結果を照らしあわせてみたいとおもいます!

大会予想結果とアンケート結果

こちらの記事で大阪大会を予想しました。

履正社高校優勝!!と予想させていただき、見事にはずしました^^;

大阪桐蔭高校強かった。

予想記事の中でのアンケート結果と比較したいと思います。結果は以下になりました。たくさん投票してくださりありがとうございました!!

第99回全国高校野球選手権大会 大阪大会の優勝校は?

  • 大阪桐蔭高校 (25%, 29 Votes)
  • 記載されていない私立高校 (16%, 19 Votes)
  • 履正社高校 (15%, 18 Votes)
  • 27年ぶりの公立高校!! (13%, 15 Votes)
  • 近大付属高校 (9%, 11 Votes)
  • 大体大浪商高校 (5%, 6 Votes)
  • 関大北陽高校 (3%, 4 Votes)
  • 上宮高校 (3%, 4 Votes)
  • 大阪学芸高校 (3%, 4 Votes)
  • 上宮太子高校 (3%, 3 Votes)
  • 東海大仰星高校 (3%, 3 Votes)
  • 関西創価高校 (2%, 2 Votes)

Total Voters: 118

読み込み中 ... 読み込み中 ...

一番票を集めたのが大阪桐蔭高校で全体の25%、次が記載されていない私立高校で全体の16%、次が履正社高校で全体の15%となりました。

ですので、実際の結果もアンケートの結果とおりとなりました。滋賀大会も予想したのですが、優勝した彦根東高校が一番票を集めました。

アンケートやってみて思うのですが、みなさまの投票結果、凄いです。

今のところ、作成したアンケート結果が、すべて実際の結果通りとなっております。

すべての代表校が決まったら、甲子園の優勝チーム予想とアンケートを作成するつもりにしておりますので、こちらのアンケートにも投票していただけるとうれしいです!

大阪桐蔭高校、この夏、甲子園春夏連覇目指して頑張ってください!

ちなみに、大阪桐蔭高校が甲子園春夏連覇を達成すると同校2度目となるのですが、同じ高校が2回甲子園春夏連覇をしたことがないらしく、達成すれば史上初の偉業となるそうです。

大阪桐蔭高校なら、やってくれそうな気がしますね。

期待してます!!

おわりに

大阪大会のまとめはこの記事で終わりとなります。高校野球、大阪大会シリーズを読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

決勝戦の日、会社の後輩の結婚式が京都であり、その後、大阪の高槻市に移動して飲んでいました。阪急高槻市近くのお店に17時前に入ったのですが、既にお客さんはいっぱい。

「今日、大冠おしかった!」、「10-8や!あとちょっとやったなぁ」と聞こえてきて、高校野球の話をされている方が多かったような気がします。

準優勝した大冠高校は高槻市の高校なので、高槻市のみなさまは全力で大冠高校を応援されていたのだと思います。もしかすると、この決勝戦の影響で早い時間からお客さんいっぱいなのかもと思いました。

大冠高校、来年こそは甲子園に行ってください!期待しています!!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク