2017年 第99回全国高校野球選手権大会 彦根東高校の二回戦を見てきました

2017年8月26日

スポンサーリンク

今回の内容

8/8(火)に開幕した第99回全国高校野球選手権大会、応援している彦根東高校の2回戦を見てきました。負けてしまいましたが、感動しました!!試合の詳細紹介させていただきます!!

彦根東高校の皆さま、感動をありがとうございました!!

※こちらの記事で第99回全国高校野球選手権大会予想しております↓

※こちらの記事で彦根東高校の初戦を紹介しております↓

満員通知の甲子園球場

大会7日目の第3試合になります。

お盆とか、人気カードが多い日は朝早くから満員通知が出て、甲子園に入ることができません。この日は8/14で、朝から満員通知が出ており甲子園に入れませんでした。

こういう時は試合の合間に追加発売されるチケットを狙います。外野は、ライト側から入ってレフト側まで歩かされて外に出される「外野通り抜け」というよくわからない行進が行われているので、並んでも意味がありません。

外野通り抜けの様子↓

球場のフェンスに沿って歩かされ、外に出されるだけです。

(そんな意味ないことするんだったら入れなかったらいいのに)

といつも思います。

彦根東のアルプスは人気で、追加発売されてもすぐに売り切れると思ったので、青森山田側の1塁アルプス席追加販売に並びました。

1試合目終了の追加発売で、程なくしてチケットを購入できましたので、1塁アルプス席から観戦します。

2試合目の途中から入れましたので、2試合目の高岡商業VS東海大菅生から観戦しました。終盤、東海大菅生が突き放して一方的な展開になってしまいましたが、高岡商業も良いチームでした。

それでは、彦根東高校 VS 青森山田高校の試合を紹介します。

2回戦 彦根東高校 VS 青森山田高校

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
彦根東 0 0 1 4 1 0 0  0  0 6
青森山田 0 0 0 0 0 0 0  1  1 2

以下、投手の詳細データになります。

青森山田 回数 打者数 被安打 奪三振 四死球 自責点
斉藤 勇太 9 38 10 7 3 2
彦根東 回数 打者数 被安打 奪三振 四死球 自責点
原 功征 3(2/3) 20 5 0 4 5
松井 拓真 1(1/3) 7 2 0 1 1
増居 翔太 4 14 3 2 0 0

この試合、彦根東の先発は原功くん、青森山田先発は斉藤くん。

原功くんは左のサイドスロー、斉藤くんは右のサイドスローです。

彦根東先発の原功くん↓

原功くん、90キロ台の変化球を主体に、120km/hのストレートを織り交ぜながら投球を組み立てるスタイル。斉藤くんは130キロ代後半のストレート主体で投球を組み立てるスタイルです。

それでは、試合詳細見ていきたいと思います。

序盤

青森山田打線は1巡目、原功くんの遅い変化球に全くタイミングが合いません。しかし、2巡目に入った3回に原功くんを捉えます。1死から1番の相坂くんがライトへツーベース。次のバッターを打ち取り2死となりますが、3番赤平くんがセンターへタイムリーヒットで青森山田が先制します。

彦根東は3回2死から1番の原晟くんが斉藤くんから初安打となる内野安打を打ちますが、送球がそれる間に2塁を狙うもアウトで攻撃終了。青森山田ペースで中盤へ入っていきます。

スポンサーリンク

中盤

ゲームが動きます。4回の青森山田。先頭バッターがヒットで出塁し、次のバッターを打ち取るも、7番中沢くんがレフトスタンドへ2ランホームラン。0-3とします。原功くんの遅い変化球に青森山田打線が合いはじめます。

次のバッターを打ち取り、2死ランナーなし。ここで切っていれば嫌な感じはなかったのですが、続く9番斉藤くんに死球、1番相坂くんに四球を与えてしまいます。この連続四死球がこの試合のポイントだったように思います。

そして、2番工藤くんにタイムリーを打たれたところで、彦根東はピッチャーを原功くんからキャプテンの松井くんへスイッチ。しかし、変わった松井くんも3番赤平くんにタイムリーを浴びます。次のバッターをおさえ青森山田高校の攻撃が終了しましたが、この回で0-5となります。

ホームランの後、2死後の連続四死球が悔やまれます。

4回裏の彦根東。2死1,2塁とチャンスを作るも得点できず。これまでは取られたらすぐに取り返してきましたが、この試合は斉藤くんに抑えこまれてしまいます。

5回の青森山田。1死から先ほどホームランの7番中沢くんが、今度はセンターへ2打席連続となるソロホームラン。0-6とします。

その裏の彦根東は三者凡退で試合終了。ここまでは完全に青森山田ペースです。

6回から彦根東はピッチャーを増居くんにスイッチ。彦根東、滋賀大会から大事な試合はこの増居くんが先発だったので、僕はこの試合も増居くんが先発と思っていたのですが、6回からの登板となりました。

彦根東の増居くん↓

6回、ヒットを打たれるも増居くんが青森山田の攻撃を0でおさえます。その裏の彦根東、1死からヒットもダブルプレーで攻撃終了。しかし彦根東打線、徐々に青森山田の斉藤くんにタイミングが合ってきます。

 

終盤

7回、増居くんが初めて青森山田の攻撃を三者凡退でおさえます。その裏の彦根東。この試合初めての連打などで2死満塁のチャンスを作りますが、代打の中井くんがピッチャーゴロに倒れ得点できず。

得点できませんでしたが、流れが徐々に彦根東に傾き始めます。

8回表も、増居くんが青森山田の攻撃を三者凡退でおさえます。増居くん、代わってから素晴らしいピッチングが続きます。このピッチングが彦根東に流れを呼び込みます。

その裏の彦根東、1死から連打で1,3塁。完璧に斉藤くんを捉えはじめます。

ここで4番の岩本くんはサードゴロに倒れますが、ゲッツー崩れの間に1点を返します。彦根東、この試合初得点です。続く5番辻山くんもヒットでつなぎ1,2塁としますが、6番吉本くんが倒れ1点止まり。

この回もう1,2点欲しかったですが、打たれながらもそれを許さない斉藤くんのピッチングでした。

最終回の青森山田、2死からヒットと盗塁で2死2塁とチャンスを作り、5番福原くんがレフト前ヒット。

(やられた。。。)

そう思いましたが、彦根東レフトの高村くんの素晴らしい返球で2塁走者を刺し、この回も無得点に抑え、最高の雰囲気で最終回の攻撃に入ります。最終回、真っ赤に染まった彦根東アルプスの応援凄かったです。

最終回の彦根東の攻撃、7番條野くん、8番増居くんが倒れ2死ランナーなし。次のバッターは途中から守備に入っている仲川くん。この夏、滋賀大会からヒットのない選手です。

アルプスの大応援団の応援もあったので何かを期待していましたが

(ここまでか。。。)

正直、そう思ってしまいました。

しかし、この仲川くんがレフトスタンドへホームラン!!このホームラン、鳥肌が立ちました。球場の盛り上がり方も凄かった。

このホームランで球場全体が彦根東を応援する雰囲気になります。外野スタンドも彦根東アルプスの応援に合わせ手拍子をはじめます。

この雰囲気の中、続く1番原晟くんが左中間を破るスリーベースヒット!さらに球場のボルテージが上がります。点差はまだ4点ありますが、打順は当たっている、2番、3番へ繋がっていきます。

(ここ、連打なら試合わからなくなる。)

そう思って見ている中、2番朝日くんのバットが快音を響かせます!

「よっしゃー!!」

一緒に見に行った人たちとそう声に出して立ち上がりましたが、打球は三塁手のグラブへ。

痛烈なサードライナーで、まだまだ彦根東の勢いが続きそうな中、試合終了となってしまいました。終わってみればヒットはお互い10本づつ。終盤は完全に彦根東ペースでした。

この試合、彦根東は前半の5回を原功くん、松井くんで何とかしのいで後半は増居くんで。。。という作戦だったと思うのですが、少し継投が遅かったように思います。

もちろん、たらればになってしまうのでどうなっていたかはわかりませんが、増居くんが青森山田打線をおさえていたので、もう少し早い回からの登板でもよかったのかなと思ってしまいました。

でも、負けてしまいましたが、彦根東高校には滋賀大会からたくさん感動させてもらいました!この夏、本当に楽しかった。彦根東高校のみまさま、感動をありがとうございました!

そして、青森山田高校も素晴らしいチームでした。強かった。

また、校歌を歌った後、一人の選手が(キャッチャーの福浦くん?だったかな)が自分たちのアルプススタンドへ走って行く前に、彦根東の方へ一礼してから走り出してましたね。

素晴らしい選手だなと思いました。

両チームとも素晴らしかった!ナイスゲームでした!!

 

おわりに

この夏応援している彦根東高校が敗れてしまいましたが、感動する試合を2試合も甲子園で見せてくれました。「ありがとうございました」とお礼を言いたいです。

ピッチャーの増居くん、最後に痛烈なサードライナーを打った朝日くんはまだ二年生なので来年もありますね。秋季大会勝って、秋の近畿大会に出場してほしいです!!

ファンになったので、グッズも勝ってしまいました(笑)

 

夏は終わってしまいましたが、秋も彦根東高校に注目していきたいと思います。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク