2017年 秋季大阪大会3回戦 大阪桐蔭高校 VS 三島高校を見てきました

2017年9月25日


今回の内容

9/2(土)に開幕した秋季大阪大会。3回戦の大阪桐蔭高校 VS 三島高校の試合を見てきました。

大阪桐蔭高校、新チームも破壊力凄そうです!

※こちらの記事で秋季大阪大会予想しております↓

スコア

以下、試合のスコアになります。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
三島 0 0 0 0 0 0       0
大阪桐蔭 1 0 4 1 2 2       10

有力校と予想した大阪桐蔭高校が0-10とコールドゲームで勝利。4回戦へ進みました。

大阪桐蔭高校の先発メンバーは以下でした。(名前わからない選手多いです。。。調べました!)

1番:藤原くん、背番号8
2番:宮崎くん、背番号7
3番:中川くん、背番号5
4番:根尾くん、背番号6
5番:山田くん、背番号4
6番:井阪くん、背番号3
7番:青地くん、背番号9
8番:小泉くん、背番号2
9番:横川くん、背番号10(先発ピッチャー)

大阪桐蔭高校、先発の横川くん以外は1桁背番号の選手がスタメンでした。

それでは、序盤から見ていきたいと思います。

序盤

先攻は三島高校、大阪桐蔭高校先発ピッチャーは、背番号10の横川くんでした

 ※大阪桐蔭先発ピッチャー横川くん↓

初回、三島の攻撃。先頭打者が横川くんのストレートを捉えセンター前ヒットで出塁。2番、3番と連続して送りバントで2死3塁の形を作ります。一打先制の場面でしたが、4番打者がサードフライに倒れ無得点。

対する三島高校。先発ピッチャーは、背番号1の右オーバーハンドのピッチャーでした。(名前がわからないです。すみません。。。) ※三島先発ピッチャー↓

初回の大阪桐蔭履、先頭の藤原くんがいきなりライトオーバーのツーベースヒット。U18の日本代表にも選ばれた藤原くん、打席での雰囲気が凄くあるバッターです。※藤原くん↓

2番打者の宮崎くんはレフトフライに倒れますが、3番の中川くんが四球を選び1死1,2塁。続く4番の根尾くんがセンター前にヒット。藤原くんが3塁ストップで1死満塁。

ここで5番の山田くんがセンターへきっちりと犠牲フライ。大阪桐蔭が1点を先制します。6番打者の井阪くんがキャッチャーフライに倒れ、大阪桐蔭、この回は1点で攻撃を終了します。

2回の三島は三者凡退で攻撃終了。この日、横川くんのストレート威力十分でした。

2回裏の大阪桐蔭、先頭バッターの青地くんが四球で出塁しますが、続く8番打者小泉くんが変化球で見逃し三振。次の横川くんの打席の時1塁ランナーが盗塁しますが、三島バッテリーが見事にこのランナーを刺して2死ランナーなし。

横川くんも空振りの三振に倒れ、結局この回大阪桐蔭は3人で攻撃終了。三島高校のエースピッチャー、カーブが良いところに決まっていて、この回は大阪桐蔭打線から2三振を奪いました。

3回の三島、乗って行きたいところでしたが、この回も三者凡退。横川くんが流れを渡しません。

3回裏の大阪桐蔭、先頭の藤原くんが四球、続く2番バッター宮崎くんがレフトへツーベース。1塁ランナーの藤原くんが一気にホームまで帰ってきて1点追加。このとき、3塁コーチ止めていたと思うのですが、藤原くん速かったです。

3番の中川くんはショートゴロに倒れますが、4番根尾くんが右中間へホームランを放ちさらに2点を追加。このホームラン、打った瞬間入ると思いました。凄かったです。※根尾くん↓(ホームランの時ではないです)

続く山田くんも左中間へツーベースヒット、6番打者井阪くんはセンターフライに倒れますが、7番打者青地くんがライト前へタイムリーヒットでさらに1点追加。この回4点目。

8番打者小泉くんもレフト前ヒットで続きますが、9番横川くんがショートライナーに倒れ攻撃終了。

この回、大阪桐蔭がホームランを含む5本のヒットを集め0-5とします。序盤の3回でしたが、これで試合が決まったような感じはありました。

中盤

4回も三者凡退で三島は攻撃終了。2三振とファーストゴロでした。エンジンのかかってきた横川くんに手も足も出ない感じです。

4回裏の大阪桐蔭。この回から三島高校は背番号20のサイドスローのピッチャーがリリーフします。

代わりばな、いきなり先頭の藤原くんが今度はレフトへツーベースヒット、右へ左へ本当によく打ちます。

2番打者宮崎くんはキャッチャーフライに倒れますが、3番の中川くんが四球を選びます。この時キャッチャーのパスボールもあり、1死1,3塁となります。

ここで4番の根尾くんがきっちりレフトへ犠牲フライで1点追加。次の山田くんがファーストフライに倒れ攻撃を終了しますが、大阪桐蔭、着実に得点を重ねていきます。

5回の三島。この回も三者凡退で攻撃終了。2回から三者凡退のイニングが続きます。

その裏の大阪桐蔭。先頭バッターの井阪くんがサードフライに倒れますが、7番打者青地くんがライトオーバーのツーベースヒット。8番打者小泉くんが死球で1死1,2塁。続く横川くんがセンター前へヒット。2塁ランナーがホームへ帰ってきて、1点追加。

このプレー、センターからの送球がよく、タイミングはアウトだったので最初はアウトの判定だったのですが、キャッチャーがボールを落としてしまいセーフとなりました。

三島高校惜しいプレーでした。1死2,3塁から藤原くんがレフトへ犠牲フライでさらに1点追加。2番バッター宮崎くんがセンターフライで攻撃を終了しますが、この回も2点を追加し、0-8とします。

6回の三島。先頭倒れますが、次の打者が久しぶりにライト前へヒットを放ちます。三島高校、初回以来のランナーです。しかし横川くんの牽制に引っかかり2死ランナーなしとなります。

横川くん、牽制も上手いですね。続く打者がレフトフライに倒れ、結局3人で攻撃を終了します。

6回裏の大阪桐蔭。この回から三島高校は背番号8の左ピッチャーがリリーフします。

先頭の中川くんが四球で出塁。根尾くんはレフトフライに倒れますが、続く山田くんも四球を選びます。6番井阪くんのところで代打の石川くん(背番号13)、この石川くんも死球を選び1死満塁。

7番打者青地くんがレフトへ犠牲フライで1点追加。そして、8番打者小泉くんがレフトオーバーのツーベースを放ち、10点目が入りコールドでゲームセット。大阪桐蔭打線。すごい破壊力でした。

ただ、敗れはしましたが、三島高校の投手陣も大阪桐蔭の強力打線相手に逃げずによく投げました。


おわりに

危なげなく大阪桐蔭高校が4回戦に進出です。4回戦は大手前高校とぶつかります。この対戦はこの夏もあり、この時は大阪桐蔭が大手前を圧倒しています。

大手前高校にも夏の借りを返したい気持ちがあると思いますので、面白いゲームになるかもしれまいですね。

また、この結果もこのブログで紹介したいと思います。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


プロフィール


管理人:わいんだーずさかもと
年齢:30代後半
趣味:野球、音楽、ランニング

高校野球の魅力に取りつかれている、元高校球児のアラフォーオヤジです。今でも高校野球は春、夏、秋と地区予選から観戦します。大阪在住なのでどうしても関西(特に大阪)の高校の記事が多くなってしまいますが、自分が見た試合の紹介、また大会の予想などをしていこうと思い、高校野球ブログを立ち上げました。こちらでもうちょっと詳しく紹介してます。