2017年 秋季大阪大会準々決勝 履正社高校 VS 大商大堺高校を見てきました

2017年10月27日


今回の内容

9/2(土)に開幕した秋季大阪大会。準々決勝の履正社高校 VS 大商大堺高校の試合を見てきました。

この日、前日から降り続く雨でグランド状態が悪く、中止かなと思ったのですが、なんとかグランドを作り、予定より3時間近く遅れての試合開始となりました。

それでは、試合の詳細を紹介していきます。

※こちらの記事で秋季大阪大会予想しております↓

https://winders-sakamoto-hs-baseball.com/post-2323

スコア

以下、試合のスコアになります。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
履正社 1 0 0 1 0 4 0  2  0 8
大商大堺 0 2 0 0 0 0 0  0  0 2

有力校と予想した履正社高校が8-2で大商大堺高校を下し、準決勝へ進みました。

両高の先発メンバーは以下でした。

それでは、序盤から見ていきたいと思います。

序盤

先攻は履正社高校、大商大堺先発ピッチャーは、背番号1の田中くんでした。 ※大商大堺先発、田中くん↓

初回の履正社、先頭の筒井くんレフト前ヒット、これをレフトが後逸し、ワンヒットワンエラーで無死2塁。グランド状態が悪かったので、その影響もあったのかもしれません。

次の西山くんがきっちり送り、3番濱内くん四球のあと、4番白瀧くんのタイムリーで履正社先制します。白瀧くんのタイムリーこちら↓

この後、後続倒れますが、初回に履正社が1点を先制します。

履正社高校の先発ピッチャーは背番号1、右オーバーハンドの位田くんでした。 ※履正社先発、位田くん↓

初回の大商大堺は三者凡退。

2回表の履正社。1死から死球で出たランナーを送り2死2塁としますが、1番筒井くんがセカンドゴロに倒れ無得点。

2回裏の大商大堺。先頭が四球の後、5番東くんが左中間を破るタイムリーツーベース。同点とします。続く6番米田くん。バントの構えからバスターでピッチャー強襲のヒット、大商大堺、バントをせず強攻が目立ちますね。無死1,3塁とします。

この後セカンドゴロの間に1点追加し勝ち越し。後続倒れますが、履正社1-2大商大堺と逆転に成功します。

3回表の履正社。三つの四死球で2死満塁としますが、7番谷川くんがキャッチャーフライに倒れ無得点。

3回裏の大商大堺。1死から2番田尾くんがヒットで出塁。2死後、盗塁を決めて2死2塁。次のバッターが四球。この時にも盗塁を決めて1,3塁の形を作りますが、4番の奥野くんがレフトフライに倒れ無得点。

序盤の3回を1-2と大商大堺リードで終えます。

中盤

4回表の履正社。先頭の8番三木くんがレフト前ヒットで出塁。きっちり送って1死2塁。1番筒井くんピッチャーゴロでランナー動けず2死2塁。続く西山くんがサードゴロに倒れますが、これをサードがファーストへ悪送球。タイムリエラーとなり、履正社同点に追いつきます。

4回裏の大商大堺。1死からヒットで出たランナーを送りますが、後続倒れ無得点。

5回表の履正社。2死後、6番野口くんのライトライナーをライトが後逸して2死三塁。大商大堺、三つ目のエラーとなります。ここで履正社、7番谷川くんに代打の内倉くんでしたが、セカンドゴロで無得点。

5回裏の大商大堺。1番大林くんがヒットで出塁。送りバントが決まり1死2塁となったところで、履正社はピッチャーを背番号10、右サイドハンドの美野田くんに交代。※履正社美野田くん↓

3番杉村くんがライトフライ。タッチアップで2死3塁。4番奥村くん四球となりますが、5番東くんがレフトフライで無得点。美野田くん。しっかりと無得点におさえます。

6回表の履正社。1死から四球、ヒットで1,2塁。2番西山くんファーストゴロの間にランナーそれぞれ進塁し、2,3塁。ここで3番濱内くんがサードゴロに倒れますが、これをサードがまたもタイムリエラー。このミスは痛かった。そのシーンこちらです↓

サードが連続してタイムリーエラーとなってしまいましたが、グランド状態が悪く、その影響もあったのかもしれません。履正社はこのプレーで2点を追加します。この後の打者に四球を与えたところで、大商大堺はピッチャーを右アンダーハンドの背番号11、糸井くんに交代。

田中くんはライトに回ります。田中くん、自責点は1だと思います。力強いボールを投げてました。

ここで履正社は5番井上くんに代打今田くん。この今田くんが、糸井くんのスローカーブ?でしょうか。もの凄く遅いボールを引きつけてたたき、ライトフェンス直撃のタイムリーでさらに2点追加。セカンドランナーに代走松原くんを送りますが、この後後続倒れます。しかし、履正社はこの回一挙4点を加え6-2と大商大堺を突き放します。

6回裏の大商大堺は三者凡退。

履正社6-2大商大堺のスコアで6回を終えますが、ミスで完全に流れは履正社となりました。


終盤

7回はお互いに三者凡退。

8回表の履正社、1死から2番西山くんがレフト前にポテンヒット。盗塁を決めて1死2塁。3番濱内くん四球で1,2塁。ここで4番白瀧くんが右中間へ2点タイムリー。続く松原くんがセンター前ヒットを打ったところで、大商大堺はエースの田中くんが再びマウンドへ。

なんとか後続を打ち取り追加点を許しませんが、履正社8-2大商大堺となり、ゲームが決まってしまった感じがしました。

8回裏の大商大堺は三者凡退。履正社の美野田くん。代わってからノーヒットピットングが続きます。

最終回の履正社は三者凡退。

最終回の大商大堺。1死後、ピッチャーの田中くんがライトオーバーのツーベース。美野田くん初めてヒットを打ちます。

この後、代打湯上くんはショートフライに倒れますが、続く代打の三好くんがセカンド内野安打で1,3塁。久しぶりに3塁までランナーを進めますが、1番大林くんがセンターフライに倒れゲームセット。

履正社8-2大商大堺のスコアで試合終了でした。

この試合はミスで決まってしまった気がします。ただ、そのミスにつけ込める履正社は、やはり強いチームという印象でした。

おわりに

履正社高校が準決勝に進出です。

この試合は序盤大商大堺ペースでしたが、ミスで流れが一気に履正社へ行きました。勝負ところでのミスというのは、やはり流れがかわってしまいますね。

履正社高校、準決勝は興国高校との1戦になります。興国高校も強豪ですのでどんな試合になるのか楽しみです。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


プロフィール


管理人:わいんだーずさかもと
年齢:30代後半
趣味:野球、音楽、ランニング

高校野球の魅力に取りつかれている、元高校球児のアラフォーオヤジです。今でも高校野球は春、夏、秋と地区予選から観戦します。大阪在住なのでどうしても関西(特に大阪)の高校の記事が多くなってしまいますが、自分が見た試合の紹介、また大会の予想などをしていこうと思い、高校野球ブログを立ち上げました。こちらでもうちょっと詳しく紹介してます。