2017年 秋季大阪大会3位決定戦 興国高校 VS 近大付属高校を見てきました

2017年10月27日


今回の内容

9/2(土)に開幕した秋季大阪大会。3位決定戦の興国高校 VS 近大付属高校の試合を見てきました。勝った方が近畿大会へ出場となります。

それでは、試合の詳細を紹介していきます。

※こちらの記事で秋季大阪大会予想しております↓

https://winders-sakamoto-hs-baseball.com/post-2323

スコア

以下、試合のスコアになります。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
興国 2 1 0 0 0 0 0  0  2 5
近大付 1 2 2 2 0 0 0  0  x 7

結果は近大付属高校が5-7で勝利し近畿大会出場を決めたのですが、興国の最後まで諦めない姿勢も見事でした。

両高の先発メンバーは以下でした。

それでは、序盤から見ていきたいと思います。

序盤

先攻は興国高校、近大付属先発ピッチャーは、背番号1の大石くんでした。 注目の左腕です。※近大付属先発、大石くん↓

初回の興国。先頭ファールフライに倒れますが、2番山崎くんがセンター前ヒット。続く3番橋本くんのライトライナーをライトが後逸し、1死2,3塁。近大付はエラーからピンチを招きます。

ここで4番の西嶋くんがセンターオーバーのタイムリーツーベースヒット。後続倒れますが、興国が好投手、大石くんの立ち上がりを攻め、2点を先制します。

興国高校の先発ピッチャーは背番号1の上野くんでした。 ※興国先発、上野くん↓

初回の近大付属。1死から2,3番の連打で1,2塁。4番の高倉くん四球で満塁。ここで5番山本くんがレフトへ犠牲フライで1点を返します。

がなおも2死2,3塁でしたが、続くバッターのピッチャーライナーを上野くんがナイスキャッチでピンチを切り抜けます。

1回から点の取り合いになります。

2回表の興国。2者連続三振の後、次打者が四球で出塁。このランナーを大石くんが牽制で誘い出しますが、これをファーストが2塁へ悪送球で1塁ランナー一気に3塁へ進みます。近大付属は初回からエラーでピンチを招きます。

ここで、1番荒木くんがセンター前へタイムリー。興国、1点を追加します。この回はこの1点で攻撃を終えますが、興国、初回から相手のミスに付け込み着実に得点します。

2回裏の近大付属。1死からレフト前ヒット。続く9番道正くんの送りバントがヒットとなり1,2塁。1番花田くんがセンター前ヒットで満塁。2番ショートフライで2死となるも、3番山中くんがレフト前へ2点タイムリーヒットで同点に追いつきます。

3回表の興国。1死からサードゴロエラーでランナーを出しますが、続くバッターが三振で2死1塁。ここで1塁ランナーが牽制で誘い出されてアウト。大石くん、牽制が凄く上手いです。

3回裏の近大付属。先頭の5番山本くんが3塁打。ここで興国はピッチャーを背番号18、サウスポーの香川くん交代します。

代わった香川くんですが、2者連続の四球を与え満塁となります。無視満塁から、8番西川くんの犠牲フライで1点を追加。

続く9番道正くんのスクイズでさらに1点追加。後続倒れますが、近大付属、この回2点を追加し、序盤の3回を興国3-5近大付属のスコアで終えます。

中盤

4回表の興国は三者三振。近大付属の大石くん、エンジンがかかってきます。

4回裏の近大付属。1死からセンター前ヒット、ショートゴロエラー、四球で満塁となり、続く6番木村くんが四球を選び1点を追加。香川くん、制球が定まらない感じです。

続く7番大石くんがライトへ大きなファールフライを打ちます。捕れば犠牲フライになって1点追加となってしまいますので、捕らないかなと思ったのですが、ライトが捕球し犠牲フライとなります。興国、アウトカウントを増やすことを優先しました。

後続倒れますが、近大付属、この回も2点を追加。この回で流れが完全に近大付属となります。

5回表の興国。2死から四球でランナーを出しますが、続く打者が三振で無得点。

5回裏の近大付属。先頭の道正くんがセフティーバントで出塁。道正くん、バント上手いです。しかし、続く1番の花田くんがファーストゴロで3-6-3のダブルプレー。ここは興国良いプレーでした。この後ヒットも出ますが、近大付属は無得点で攻撃を終えます。この試合初めて近大付属のスコアボードに0が入ります。

6回表の興国は三者凡退。大石くんの素晴らしいピッチングが続きます。

6回裏の近大付属。2死から6番木村くんが3塁打。次のバッターへ四球を与えたところで興国高校はピッチャーを背番号10、中田くんへ交代します。

中田くん、代わりばなに四球を与え2死満塁としてしまいますが、後続をレフトフライに打ち取り、この回近大付属は無得点。

興国3-7興国のスコアで6回を終えます。流れは近大付属のまま、ゲームは終盤へ入っていきます。


終盤

7回表の興国は三者凡退。大石くんに手も足も出ない感じです。

7回裏の近大付属、この試合初めて三者凡退で攻撃終了。中田くん、ナイスピッチングでした。

8回表の興国。2死から四球で久しぶりにランナーを出しますが、後続倒れ無得点。

8回裏の近大付属、7回に続き三者凡退で攻撃を終えます。中田くんの素晴らしいピッチングが続きます。

守りの良いリズムを攻撃につなげたい最終回の興国。1死後、素晴らしいピッチングを続ける7番の中田くんがセカンド内野安打。四球でつなぎ、9番川本くんがセンター前ヒットで満塁。

最終回、意地を見せる興国。ここから、1番荒木くんがレフト前タイムリーで1点を返し、次の2番山崎くんのショートゴロゲッツー崩れの間にさらに1点を返し、2点差まで詰め寄ります。

尚も2死1,3塁。長打が出ればというところでしたが、3番橋本くんがファーストゴロに倒れゲームセット。

興国5-7近大付属のスコアで試合終了となりました。近大付属高校が近畿大会出場を決めましたが、興国高校の最後の粘り見事でした。

おわりに

近大付属高校が大阪3位となり、近畿大会に出場です。

これで大阪からは大阪桐蔭高校、履正社高校、近大付属高校が近畿大会へ出場します。近畿大会、どんな戦いになるのか楽しみです。またこのブログでも近畿大会の予想をしようと思っております。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました

スポンサーリンク


プロフィール


管理人:わいんだーずさかもと
年齢:30代後半
趣味:野球、音楽、ランニング

高校野球の魅力に取りつかれている、元高校球児のアラフォーオヤジです。今でも高校野球は春、夏、秋と地区予選から観戦します。大阪在住なのでどうしても関西(特に大阪)の高校の記事が多くなってしまいますが、自分が見た試合の紹介、また大会の予想などをしていこうと思い、高校野球ブログを立ち上げました。こちらでもうちょっと詳しく紹介してます。