2017年 秋季近畿大会1回戦 明石商業高校 VS 彦根東高校を見てきました



今回の内容

秋季近畿大会、今年は大阪の舞洲で近所やからめっちゃ見に行くぞ!と思ってましたが、まさかの2週連続台風で2週連続の週末中止。1回戦はすべて平日開催に。。。こんなんも珍しいですよね。

なんとか、10/30(月)の明石商業vs彦根東は見にいくことができましたので、紹介します!この試合、すごかった。。。

これが1回戦はもったいない!

って思うくらい凄い試合でした!

※こちらの記事で秋季近畿大会予想しております↓

https://winders-sakamoto-hs-baseball.com/post-2619

スコア

以下、試合のスコアになります。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
明石商業 0 0 1 0 0 0 2  0  0 3
彦根東 0 0 1 0 0 3 0  0  x 4

彦根東高校が3-4で勝利した試合でしたが、凄い試合でした!敗れた明石商業もさすが兵庫県1位のチームでした。強かった!

両高の先発メンバーは以下でした。

それでは、序盤から見ていきたいと思います。

序盤

先攻は明石商業高校、彦根東先発ピッチャーは、エースの増居くん! この春の近畿大会で初めて見て好きになり、夏の甲子園を見てさらに好きになり、今や大ファンになってしまった左腕です。

それでは試合を見ていきます。

初回の明石商業は三者凡退で攻撃終了。増居くん、最高の立ち上がりです。

明石商業の先発ピッチャーは、同じくエースの加田くん。評判のピッチャーです。

初回の彦根東。1番、この夏の甲子園メンバー朝日くんがライト前ヒット。その後送って1死2塁の形を作るも後続続かず無得点。

2回表の明石商業。この回も三者凡退。増居くん、この夏みたときよりマウンドで落ち着いてる感じがします。

2回裏の彦根東も同じく三者凡退。明石商業エースの加田くんも負けてません。ただ、加田くんを見るのが初めてだったのですが、僕は勝手なイメージを持ってて、力のあるまっすぐで押してくるタイプと思ってました。

でも違ってて、まっすぐにびっくりするほどの威力があるわけではなかったです。個人的には増井くんと同じタイプの打たせて取るピッチャーなのかなと思いました。

3回表の明石商業。先頭が死球で出塁。送って1死二塁。ここで1番田渕くんがライトフライ。と思ったらライトが目測を誤りまさかのエラー。風の影響もあったかもしれません。このエラーで1死2,3塁となって、2番山本くんがレフトへ犠牲フライを放ち、明石商業が1点を先制。後続をおさえますが、増居くん、ノーヒットで1点を失います。

3回裏の彦根東。先頭の8番増居くんが死球で出塁。これをきっちり送って1死2塁。

続く1番朝日くんがレフト前タイムリーヒットで彦根東同点に追いつきます。2塁を狙ったバッターランナーの朝日くんは2塁でアウトとなりますが、この朝日くんは増居くんと同じく、この夏の甲子園レギュラーメンバーで、守備でもそうなのですが、プレーに余裕があるというかのびのびやってる感じを受けました。タイムリー動画↓です。

後続続きませんでしたが、彦根東高校が同点に追いつきます。

中盤

4回表の明石商業は1死からヒットでランナー出すも無得点。

4回裏の彦根東は三者凡退。

5回はお互いに三者凡退で攻撃を終えます。両ピッチャーがよく、流れがどちらに行くかわからない展開です。

6回表の明石商業。1死から4番石田くんがレフト前ヒットで出塁するも、5番勝本くんが良い当たりながらショートゴロで6-4-3のダブルプレー。強攻が裏目に出ます。

6回裏の彦根東。先頭の1番朝日くんが右中間を破る3塁打!朝日くんはこれで3打席連続ヒット!打席での雰囲気も凄くあって、もう止められないような感じになってました。

続く宇野くん、スクイズの気配を見せながらもフルカウントからライトへタイムリーヒット!彦根東1点を勝ち越します。次打者が送って、1死2塁の形を作り、迎えるは4番高内くん。

そして、この4番高内くんがレフトへツーランホームランを叩きこみます!そのホームランはこちら↓

後続倒れますが、ここはもう1点取れれば良いと思っていたであろう彦根東からすれば大きなツーランホームランだったと思います。

明石商業1-4彦根東のスコアで6回を終えます。先ほどのツーランで流れは彦根東かなと思いました。


終盤

7回表の明石商業。6,7番の連打で無死1,2塁。8番が送って1死2,3塁のチャンスを作ります。続く9番バッターがフラフラとセンターへ打ち上げます。完全に打ち取った当たり。

しかし、これをショートが深追いしてしまい、センターとショートがぶつかって落球。明石商業ラッキーな形で1点を返します。こういうフライは、もう嫌になるほど言われるのですが、声ですね。声が大事です。そのプレー↓です。

この後、1番の田渕くんがレフト前へタイムリーでさらに1点追加で明石商業、3-4と1点差までつめより、なおも1死1,2塁。

まだリードされてますが流れは明石商業。しかし、ここでビッグプレー!

何かサインが出てたかもしれないのですが、増居くんの投球をバッターが見逃した際、セカンドランナーが大きくリード、これを見逃さず彦根東キャッチャーの高内くんがセカンドへ送球し、セカンドランナーアウト。

そして、後続をセンターフライに打ち取り無得点に凌ぎます。彦根東、明石商業に行きかけた流れをつなぎとめます。

7回裏、流れを持ってきたい彦根東でしたが、三者連続三振。加田くんの素晴らしいピッチングでした。

8回表の明石商業。2死から連打で1,3塁の形を作るも後続倒れます。後半に入り、明石商業打線は彦根東の増居くんをよく打つのですが、最後でなんとか増居くんが粘ります。

8回裏の彦根東。先頭の1番朝日くんがレフト前ヒット。朝日くん、これで今日4安打。止まりません。しかし、次のバッターの時に、何かサインが出ていたのかもしれないですが、朝日くんが飛び出してしまい、キャッチャーの牽制でアウト。

2番宇野くんがレフト前ヒットで出塁しますが、続くバッターがエンドランを空振りし、盗塁失敗の形でアウト。その後セカンドゴロ。

彦根東はこの回ヒットを2本打ちながら三人で攻撃を終えるという嫌な形で攻撃終了。最終回に入ります。

最終回、1死から9番がライトへのポテンヒットで出塁。そして、今日当たっている1番田渕くんが左中間よりのレフト前へヒットを放ち、1死1,3塁。完全に流れは明石商業に見えました。

明石商業、押せ押せの場面。

ここで、2番山本くんが初球スクイズ!これがキャッチャーゴロとなり三塁ランナーアウトで2死1,2塁になります。彦根東からすると助かりました。

「ここでスクイズ!?」

ってびっくりしましたが、おそらく、僕含め誰ここでスクイズを想定した方いなかったのではないでしょうか?それほど押せ押せの場面でした。

なので彦根東バッテリーもスクイズに対しては無警戒でしたが、結果、バッターがスクイズのバントをうまくできませんでした。ただ、もしキャッチャーゴロでなく前に転がせていればきっと決まってました。

「打たせればよかったのに!」

という声も周りの観客にあって、僕も正直、

(打たせへんの?)

と思いましたが、誰もが考えなかった作戦を取ったという意味では、良い作戦だったのかなとも思います。結果だけ見て、

「あのスクイズは間違い」

というのは違うのかなとも思います。仮に決まっていれば、

「ここでスクイズか!すごいな!」

って評価になると思いますし。フリーに打たせて凡打なら、

「何かやりようがあったやろ」

っていう評価になる。本当にこういう采配って紙一重だと思います。

で、今回の結果はスクイズ失敗で、2死1,2塁です。迎えるバッターは3番の加田くん。

この時点で彦根東の勝ちかなと思いました。加田くん、今日は増居くんにタイミング合ってなかったし、スクイズ失敗で流れは彦根東でしたが、なんと加田くんがセンターへ弾き返します!

「すげー!!同点や!!」

って思いまいした。しかし、彦根東、センターの野嵜くんが猛然とダッシュ!そして、ホームへストライク送球でアウト!!これで試合終了となりました。このプレー、凄かったです。うまく撮れなかったですが、こちら↓になります。

このプレーでゲームセット。後半は明石商業が押していたので、もし追いついたら明石商業だったかもしれません。しかし、追いつかせない彦根東の守りに強さを感じました!

どちらが勝ってもおかしくなかった。本当にナイスゲームでした!!

おわりに

激戦を制して、彦根東高校がベスト8進出です。

ブログでしていた予想では明石商業勝利だったんです^^;

だから予想は外してしまったのですが、そんなんどうでもいい!今日の彦根東は素晴らしかった!!

次戦、準々決勝は近江高校との対戦で滋賀対決になります。勝った方は来年春の選抜甲子園確定。負けた方は地域性で厳しいか。。。

どちらが勝つかの予想は難しいですが、兵庫1位を破った彦根東高校は勢いがありそうです。準々決勝の滋賀対決に注目したいと思います!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました

スポンサーリンク


プロフィール


管理人:わいんだーずさかもと
年齢:30代後半
趣味:野球、音楽、ランニング

高校野球の魅力に取りつかれている、元高校球児のアラフォーオヤジです。今でも高校野球は春、夏、秋と地区予選から観戦します。大阪在住なのでどうしても関西(特に大阪)の高校の記事が多くなってしまいますが、自分が見た試合の紹介、また大会の予想などをしていこうと思い、高校野球ブログを立ち上げました。こちらでもうちょっと詳しく紹介してます。