2017年 秋季近畿大会、準々決勝、準決勝、決勝の結果まとめました


今回の内容

2017年度、秋季大会が終了しましたので試合結果をまとめてみたいと思います。最後に自分がした予想、また優勝アンケートと実際の結果との比較も行っております。

※こちらの記事で秋季近畿大会予想しております↓

※こちらの記事で秋季近畿大会1回戦結果まとめております↓

準々決勝結果

以下、11/3(金・祝)に行われた準々決勝の結果です。※太字がベスト4まで残ると予想した高校。

智弁和歌山 11-4 法隆寺国際※7回コールド
乙訓 9-4 智弁学園

近江 4-3 彦根東
大阪桐蔭 10-1 近大付属※7回コールド

ベスト4まで残ると予想した高校が3校も勝ち上がってくれました。

智弁和歌山 vs 法隆寺国際は実際に試合を見たのですが、法隆寺国際、初回3点を先制していい流れで試合に入れたのですが、もったいないミス多かった。

智弁和歌山打線は確かに凄かったですが、自ら流れを渡してしまったような部分もあるのでもったいない試合でした。法隆寺国際打線、智弁和歌山のエース平田くんから10安打できてるので打てない打線ではないです。ピッチャーの柚留木くんも良い投手ですし、守りをしっかり鍛えれば強くなるチームだと感じました。

乙訓vs智弁学園途中まで見たのですが序盤の2回で5-0と乙訓が智弁学園を圧倒する展開でした。乙訓高校、初めて見ましたが強いです。。。打線も良いですし、先発の冨山投手、初めて見ましたが凄いボール投げてました。まだ荒削りですが、まっすぐに力があり、とても魅力的なサウスポーだと感じました。

乙訓高校にはエースナンバーの川畑くんもいて、冨山くんに負けないくらいの好投手みたいなので、春の選抜でも良いところまで行くと思います。智弁学園も相手のミスから得点し反撃したみたいですが、乙訓が中盤以降も加点し、常に試合を優位に進めたようです。智弁学園相手に、中押し、ダメ押しができるところにも強さを感じました。

滋賀対決となった近江vs彦根東は近江が接戦をものにしました。この試合はどちらが勝つにしても接戦になると思ってましたが、予想通りの接戦だったようです。彦根東、近江先発の林くんを中盤でつかまえたようなのですが、同じイニングに本塁で刺されたケースが2度あったようです。

もったいない走塁だと思いましたが、裏を返せば近江の中継プレーなど、守備が素晴らしかったということになりますね。彦根東先発の増居くんも粘って投げていたようですが、味方のミスなどもあり4失点。見ていた人の話を聞く限り、防げた失点があったようです。

近江は林くんをリリーフしたエースの金城くんが彦根東打線を完璧に押さえ、1点差を守りきったようです。もし、近江と彦根東に差があるとすれば、投手力でしょうか。近江には林くん、金城くんと試合を任せれる投手が二人いますが、彦根東は増居くん一人しかいない気がします。

増居くん、経験も豊富で良い投手なのは間違いないですが、彦根東はもう一人、試合を任せられるピッチャーがほしいところだと思います。

大阪対決となった大阪桐蔭vs近大付属。大阪大会の準決勝でもあたってますが、結果はそのときと同じ大阪桐蔭のコールド勝ち。近大付属の大石くん、二度やられてしまってますので、残念ですが現時点では大阪桐蔭打線に通用しないのかもしれません。打線も大阪桐蔭の横川くんにおさえられたようですし、現時点での力の差は大きい気がします。

大阪はここ最近、大阪桐蔭、履正社の2強となっていますので、春の選抜は厳しくなってしまいましたが、夏、近大付属には頑張ってほしいです。

準決勝結果

以下、11/4(土)に行われた準決勝の結果です。※太字が有力と予想した高校。

乙訓4-5智弁和歌山

 123456789
乙訓1000101014
智弁和歌山201000002x5

乙訓高校はエースナンバーの川畑くん、智弁和歌山高校は小堀くんが先発して継投でつなぎます。智弁和歌山は近畿大会、初めて平田くん以外のピッチャーが投げたようです。智弁和歌山が優位に試合を進める展開だったようですが、乙訓が終盤に追いつき、最終回に逆転。しかし、智弁和歌山が最終回に粘りを見せ、サヨナラ勝ちを収めたようです。さすがは智弁和歌山です。

乙訓エースの川畑くん、試合後泣いていたようですが、この経験でさらに強くなる気がします。乙訓高校、春の選抜、本当に楽しみなチームです。

 

近江0-5大阪桐蔭

 123456789
近江0000000000
大阪桐蔭20003000x5

近江高校は林くんが先発して金城くんへつなぐ彦根東戦と同じ継投策。大阪桐蔭高校は根尾くんが先発。根尾くん、近畿大会初登板になります。試合は終始大阪桐蔭ペースで、根尾くんは16奪三振で近江打線を完封。大阪桐蔭は右の柿木くん、左の横川くんとエースクラスが二人いて、さらにこの根尾くんまでここまでの投球ができる。こんなチーム、全国を見てもいないのではないでしょうか。

滋賀チャンピオンの近江も新チームはかなり力のあるチームだと思うのですが、その滋賀チャンピオンに何もさせず。ちょっと手がつけられないですね^^;

決勝戦結果

以下、11/5(日)に行われた決勝戦の結果です。※太字が有力と予想した高校。

智弁和歌山0-1大阪桐蔭

 123456789
智弁和歌山0000000000
大阪桐蔭00000100x1

智弁和歌山は小堀くん先発からの継投策。準決勝と同じパターンできます。大阪桐蔭はエースナンバーの柿木くんが先発。準々決勝、準決勝、決勝と3連戦となったのですが、大阪桐蔭はすべて違うピッチャーが投げているので連投がありません。勝ち進むと連戦になる高校野球において、こういう投手起用ができるもの大阪桐蔭の強みですね。

お互いに強力打線なので打ち合いになると思っていたのですが、蓋を開けてみれば投手戦だったようです。6回の大阪桐蔭の得点は根尾くんのホームラン、そしてこの1点がこの試合唯一の得点となります。大阪桐蔭打線を1点におさえた小堀くん、池田くん。この秋、投球を実際に見れなかったので春の選抜の楽しみにしたいと思います。

大阪桐蔭の柿木くんは、この秋打ちまくっている智弁和歌山を完封。さすが大阪桐蔭のエースですね。大阪桐蔭はこの秋、大阪大会も含めて初めての接戦だったのではないでしょうか。ほぼコールドで勝ってきているので9回までやった試合も少ない中、こういった接戦もしっかりものにできるところにも大阪桐蔭の強さを感じました。

智弁和歌山との接戦を制した大阪桐蔭が見事に近畿大会優勝で、近畿代表として明治神宮大会に進むことになりました。


大会予想結果とアンケート結果

※こちらの記事で秋季近畿大会予想しました↓

それでは、この近畿大会が始まる前の予想と実際の結果をブロック毎にみていきます

智弁和歌山・履正社・法隆寺国際・比叡山ブロック

予想:智弁和歌山高校 結果:智弁和歌山高校 当たりました!

乙訓・神港学園・智弁学園・西脇工ブロック

予想:乙訓高校 結果:乙訓高校 当たりました!

近江・日高中津・明石商・彦根東ブロック

予想:明石商業高校 結果:近江高校 外しました(T_T)

大阪桐蔭・京都翔英・近大付属・高田商ブロック

予想:大阪桐蔭高校 結果:大阪桐蔭高校 当たりました!

各ブロック予想の的中率は3/4!これまでの予想の中で一番当たったかもしれません!!そして、決勝は智弁和歌山 VS 大阪桐蔭になると予想したのですが、これも当たりました!!凄く嬉しいです!!智弁和歌山優勝の予想は外れましたが^^;

しかし、決勝もすばらしい接戦だったし、今回は優勝チーム予想を外してしまいましたが、そこそこ良い予想ができたのではないかと思っています。そして、みなさまに投票いただきましたアンケート結果、以下になります。

2017年秋季近畿大会優勝校は?

  • 大阪桐蔭高校(大阪1位) (28%, 49 Votes)
  • 智弁和歌山高校(和歌山1位) (23%, 40 Votes)
  • 明石商業高校(兵庫1位) (9%, 15 Votes)
  • 履正社高校(大阪2位) (7%, 12 Votes)
  • 乙訓高校(京都1位) (7%, 12 Votes)
  • 智弁学園高校(奈良1位) (7%, 12 Votes)
  • 彦根東高校(滋賀3位) (6%, 10 Votes)
  • 近大付属高校(大阪3位) (4%, 7 Votes)
  • 近江高校(滋賀1位) (3%, 6 Votes)
  • 神港学園高校(兵庫3位) (2%, 3 Votes)
  • 比叡山高校(滋賀2位) (1%, 2 Votes)
  • 西脇工業高校(兵庫2位) (1%, 2 Votes)
  • 日高中津高校(和歌山2位) (1%, 2 Votes)
  • 京都翔英高校(京都2位) (1%, 1 Votes)
  • 高田商業高校(奈良2位) (0%, 0 Votes)
  • 法隆寺国際高校(奈良3位) (0%, 0 Votes)

Total Voters: 173

読み込み中 ... 読み込み中 ...

優勝候補1位の結果(全体の約30%)となった大阪桐蔭が見事に優勝。アンケート通りの結果となりました。そしてアンケート結果2位の智弁和歌山が準優勝なので、アンケートでみなさまからいただく投票は凄いなと思いました。ただ、3位、4位の明石商業、履正社は初戦敗退。このように力のある強豪チームが初戦で敗れてしまうケースも高校野球ではよくあるので、このあたりの予想は難しいところです。

センバツ出場校予想

また、明治神宮大会が終われば、センバツ出場校予想アンケートをこのブログで作成しようと思っているのですが、近畿大会が終わりましたので、近畿地区の予想をしてみたいと思います。

春のセンバツ、近畿枠は6校です。ベスト4以上は当確になりますので、大阪桐蔭高校、智弁和歌山高校、乙訓高校、近江高校の4校は決まり。残りの2校は準々決勝で敗退した4校の中から選ばれます。(ごく稀に例外もあります) 準々決勝で敗退した4校は法隆寺国際高校、智弁学園高校、彦根東高校、近大付属高校となります。

まず5校目ですが、できるだけ各府県から代表校を出す地域性が優先されると思います。このまで当確の4校は、大阪府、和歌山県、京都府、滋賀県。準々決勝で敗退した4校は奈良県(2校)、滋賀県、大阪府。ということでまず奈良県が優先されます。

準々決勝敗退のチームで奈良県は法隆寺国際高校、智弁学園高校になりますのでこの2校の比較となるのですが、智弁学園高校が選ばれると思います。

奈良県の順位が智弁学園高校は1位、法隆寺国際高校は3位、そして法隆寺国際高校は準々決勝コールド負け。これらを考えた結果、まず間違いなく智弁学園高校が選出されそうです。

残りの1校は彦根東高校と近大付属高校の比較となりますが、準々決勝接戦だった彦根東高校とコールド負けの近大付属高校。両校とも予選は3位通過の高校です。この時点で彦根東有利かと思います。あと、個人的になのですが、選考で競ったとき、高野連のみなさまは公立高校を優先するような印象を持っています。(そんな選考基準はなく、あくまでも個人的な印象です!!)

ですので、6校目は彦根東高校になると思います。地元兵庫県の代表がないということで1回戦で敗れた明石商業高校(兵庫1位)が選出される可能性も、本来であれば0ではないと思いますが、この大会ではその明石商業高校が彦根東高校に敗れているため、その選考はないと思います。

ということで、来春の第90回センバツ記念大会、近畿地区の代表校は

大阪桐蔭高校、智弁和歌山高校、乙訓高校、近江高校、智弁学園高校、彦根東高校

になると予想します。

もし、明治神宮枠が近畿にきたら。。。

各地区大会優勝チームが集う明治神宮大会、近畿からは大阪桐蔭高校が出場します。この明治神宮大会優勝の地区には明治神宮枠として1枠与えられます。昨年は近畿代表の履正社高校が優勝し、明治神宮枠が近畿にきました。

もし大阪桐蔭が優勝し、近畿から7校目の出場があるとしたら、近大付属高校明石商業高校のどちらかになると思います。普通に考えれば近大付属なのですが、負け方が悪すぎますね。コールド負けでなければ間違いなく近大付属だと思うのですが。

ただ、この場合、負けた相手が神宮チャンピオンということになるので、そのあたりがどのように考慮されるかだと思います。

また、90回の記念大会で地元兵庫県勢の代表が0という事態を、明治神宮枠を使って避けるとういうことも十分に考えられますので、明石商業高校の可能性もあります。(過去にも1回戦敗退のチームがセンバツへ選ばれた例もあります。)

ですので、この2校のどちらかだと思うのですが、もしそうなった場合は、またアンケートを作成しますので、みなさま投票してくださると嬉しいです。

おわりに

秋季近畿大会、大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。大阪桐蔭、本当に強い。。。この勢いで明治神宮大会も優勝するのではないかと思います。

来春の選抜出場校、正式に決定するのは来年の1月末ごろだと思いますが、近畿のチームには勝ち進んでほしいです。

明治神宮大会が終われば近畿以外の地区の代表校についても、このブログで見て行きたいと思います。

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


プロフィール


管理人:わいんだーずさかもと
年齢:30代後半
趣味:野球、音楽、ランニング

高校野球の魅力に取りつかれている、元高校球児のアラフォーオヤジです。今でも高校野球は春、夏、秋と地区予選から観戦します。大阪在住なのでどうしても関西(特に大阪)の高校の記事が多くなってしまいますが、自分が見た試合の紹介、また大会の予想などをしていこうと思い、高校野球ブログを立ち上げました。こちらでもうちょっと詳しく紹介してます。