2018年 第90回記念選抜高校野球大会の優勝校を予想してみました!

2018年2月8日


今回の内容

3/23(金)に開幕する、第90回記念選抜高校野球大会の優勝校を予想してみました。

今年も高校野球がはじまります!

最後、優勝校予想のアンケートも作成しましたので、ぜひ投票してください!!

選抜高校野球大会とは

同じ説明を出場校を予想したページでもしてるのですが、高校野球、春の全国大会になります。春のセンバツですね。

夏は各都道府県で予選が行われ、優勝チームが甲子園に出場しますが、春の大会は前年秋の地区大会の成績を元に、出場校が選ばれる形になります。

出場校

以下、今年の代表校になります。

21世紀枠

秋田 由利工(初出場)

滋賀 膳所(59年ぶり4回目)

佐賀 伊万里(初出場)

北海道

駒大苫小牧(4年ぶり4回目)

東北

岩手 花巻東(6年ぶり3回目)

山形 日大山形(36年ぶり4回目)

福島 聖光学院(5年ぶり5回目)

関東・東京

茨城 明秀日立(初出場)

栃木 国学院栃木(18年ぶり4回目)

千葉 中央学院(初出場)

神奈川 東海大相模(7年ぶり10回目)

神奈川 慶応(9年ぶり9回目)

東京 日大三校(2年連続20回目)

北信越

富山 富山商業(9年ぶり6回目)

石川 日本航空石川(初出場)

石川 星陵(13年ぶり12回目)

東海

静岡 静岡(2年連続17回目)

愛知 東邦(2年ぶり29回目)

三重 三重(4年ぶり13回目)

近畿

滋賀 近江(3年ぶり5回目)

滋賀 彦根東(9年ぶり4回目)

京都 乙訓(初出場)

大阪 大阪桐蔭(4年連続10回目)

奈良 智弁学園(3年連続12回目)

和歌山 智弁和歌山(4年ぶり12回目)

中国

岡山 おかやま山陽(初出場)

広島 瀬戸内(27年ぶり3回目)

山口 下関国際(初出場)

四国

香川 英明(3年ぶり2回目)

愛媛 松山聖陵(初出場)

高知 明徳義塾(3年連続18回目)

高知 高知(5年ぶり18回目)

九州

福岡 東筑(20年ぶり3回目)

長崎 創成館(4年ぶり3回目)

宮崎 富島(初出場)

宮崎 延岡学園(12年ぶり3回目)

最多出場は愛知の東邦高校で29回、初出場校は、由利工(秋田)、伊万里(佐賀)、明秀日立(茨城)、中央学院(千葉)、日本航空石川(石川)、乙訓(京都)、おかやま山陽高校(岡山)、下関国際(山口)、松山聖陵(愛媛)、富島(宮崎)の10校となりました。

出場校を予想していたのですが、関東の6校目と21世紀枠外してしまいました。関東6校目は健大高崎と予想してましたが、国学院栃木でした。毎年関東の6校目は難しい。。。21世紀枠、由利工と伊万里は当てたのですが、滋賀の膳所でなく、岐阜の大垣西と予想してました。

というのも、一般枠で滋賀県からは近江と彦根東の2校の選出が濃厚だったので、滋賀県3校目はないかなと。しかし、ありました。

先に21世紀枠の発表があって膳所が選ばれたとき、

(近畿6校目は彦根東を落選させて、1回戦敗退でしたが兵庫県勢の選出があるのか?)

と思いましたが、順当に彦根東でした。21世紀枠に地域性は関係ないと高野連は言っていたのですが、言うてるだけであると思ってました。ほんとに関係なかったんですね。疑っていて申し訳ございませんでしたTT

↓出場校予想した記事になります。

それでは、有力校を見ていきたいと思います。

有力校

新チームのデータが昨年秋のデータしかありません。

高校生は冬の間に急成長するため、春に秋とは見違えるようなチームになっていることもあるので、秋のデータが参考にならないチームも出てくるのですが、これをベースに戦力を見ていきたいと思います。

まずは明治神宮大会から。

明治神宮大会出場校

以下、昨秋の明治神宮大会出場校になります。

駒大苫小牧、聖光学院、中央学院、日大三高、日本航空石川、静岡、大阪桐蔭、おかやま山陽、明徳義塾、創成館

これらのチームは昨秋の時点で各地区のチャンピオンになりますので、有力校と見てよいと思いますが、その中でも4強に残った

明徳義塾、創成館、静岡、大阪桐蔭

この4校がまず有力校としてあげられると思います。

次に、惜しくも神宮大会に出れなかった、各地区の準優勝校を見てみます。

秋の各地区準優勝校

以下のチームが秋の地区大会準優勝チームです。

花巻東、明秀日立、星陵、東邦、智弁和歌山、下関国際、英明、富島

この中で、東邦、智弁和歌山、英明の3校は明治神宮大会4強に残った静岡、大阪桐蔭、明徳義塾にそれぞれ敗れはしたものの、1点差の好ゲームを展開しました。特に東邦は、東海大会決勝で静岡に敗れるまで、新チームは練習試合含めて負けがなかったそう。恐ろしいチームですね。

単純比較はできないかもしれませんが、東邦、智弁和歌山、英明の3校も明治神宮大会出場チームと同等か、それ以上の力があると見ることもできますので、この3校も有力校としてみてよいと思います。

その他の有力校

この他に、私見で有力校をあげてみます。いっぱいあげたいのですが、3校でがまんします。

まず、激戦区東京を勝ち抜いた日大三校

明治神宮大会、僕は大阪桐蔭優勝と予想していたのですが、決勝の相手は日大三校だと思ってました。(何一つ当たらなかったですが。。。)

日大三校、初戦の日本航空石川にタイブレークの末、延長10回7-6というスコアで敗れてしまうのですが、序盤、6-1と大きくリードされてました。

この試合、バーチャル高校野球で中継があったので見ていたのですが、中盤以降の日大三校の追い上げが凄かったです。9回に追いつくのですが、その姿を見て、やっぱり強いなぁと思いました。

中盤から終盤にかけては日大三校、とてもリードされているようには見えなかったです。日本航空石川も良く打つ強いチームでしたが、この試合は敗れた日大三校の力強さを感じました。

次に福島の聖光学院。福島県内では無敵のイメージですが、昨秋は見事に東北大会を制しました。昨秋、このブログで明治神宮大会の優勝予想アンケートを作成したのですが、聖光学院は大阪桐蔭に次ぐ2位の結果でした。

実際に試合は見たことないのですが、高校野球好きな方々から票を集めれるというのは、力のある証拠だと思います。以下、明治神宮大会を予想した記事です。

最後に、近畿大会4強に残った京都の乙訓高校です。

僕、この乙訓高校を知らなかったのですが、昨秋の近畿大会を見にいってファンになりました。ほんとに強かった。

僕が見たのは準々決勝の智弁学園戦だったのですが、強豪の智弁学園をよせつけず、コールドゲームになるんじゃないか?と思わせるほど序盤圧倒してました。中盤以降は智弁学園も意地を見せましたが、去年の秋の時点では智弁学園よりも確実に力は上でした。

そして、何より興味を惹かれたのが、そのとき投げていた乙訓先発の冨山くんです。サウスポーからものすごく力のあるボールを投げてました。同じサウスポーでは大阪桐蔭の横川くんの投球も実際に見たのですが、横川くんに負けないくらいの力があったと思います。

背番号が10だったので、(なぜこれほどのボールを投げる子がエースじゃないんだろう?)と思っていたのですが、同じくらいの力をもった右の川畑くんというピッチャーもいるとのこと。この川畑くんが秋はエースナンバーでした。そんなことを聞いてしまうと、期待せずにいられません。

昨秋の時点では、冨山くんまだ削りな印象でしたが、ひと冬越えてどうなっているか、本当に楽しみなピッチャーです。乙訓高校、準決勝で智弁和歌山にサヨナラ負けを喫してしまうのですが、この両校に力の差はないと思いました。

乙訓高校、この春注目したいと思います。

この他、僕の知らない有力校につきましては選抜関連の本を読むつもりにしてますので、それを読んでから紹介したいと思います。


組み合わせ

3/16(金)に決定しますね!

決まり次第掲載します。

優勝校を予想してみよう

それでは、優勝校を予想してみたいと思います。

これまで有力としてあげたのは以下の10校。

明徳義塾、創成館、静岡、大阪桐蔭、東邦、智弁和歌山、英明、日大三校、聖光学院、乙訓

この10校はどこも力のある高校だと思うので、これらの高校が勝ち進んでいくと思うのですが、この中でも軸となってくるのはやはり大阪桐蔭だと思います。昨年春の選抜、大阪桐蔭は優勝していますが、現在の中心選手である藤原くん、根尾くん、中川くんなどはそのときからすでに中心選手でした。

エースの柿木くんも昨夏の甲子園、敗れはしましたが仙台育英戦で素晴らしいピッチングをしてますし、左の横川くんも甲子園で投げています。大阪桐蔭は現在の中心選手の大部分が甲子園を経験しており、優勝も経験している。

経験という点では他のチームを圧倒しそうです。

その大阪桐蔭を中心に考えると、明治神宮大会で大阪桐蔭に勝った創成館、そして、昨秋の近畿大会で大阪桐蔭に惜敗した智弁和歌山、その智弁和歌山と互角以上の戦いをした乙訓。そして、直接対決はありませんでしたが、明治神宮大会を制した明徳義塾

半ば無理やりですが、強引に大阪桐蔭の他に4校あげてみました。もうこのあたりから予想でもなんでもないですね(笑)

※大阪に住んでいるため、実際に試合を見れるのが近畿のチームだけなので、どうしても近畿びいきになってしまいます。。。すみません^^;

それでは、

大阪桐蔭、創成館、明徳義塾、智弁和歌山、乙訓

の5校からさらに絞ります。

まず、

明治神宮大会優勝チームは翌年春の選抜優勝できない

というジンクス。最後に明治神宮大会優勝チームが翌年の春のを制したのは16年前の2002年の報徳学園(2001年明治神宮大会優勝)で、これ以降、明治神宮大会優勝チームは春の選抜で優勝できてません。

「秋に勝てたチームがそのまま春も勝てるわけではない」

ということがよくわかるデータですが、裏を返せば高校生の冬の成長がどれだけ凄いかを示すデータともいえます。

ただ、3年前、明治神宮大会優勝の高松商業、一昨年、明治神宮大会優勝の履正社はいずれも翌年の春の選抜準優勝です。

なので、そろそろ明治神宮大会優勝チームが翌年春の選抜優勝しそうな気配があるのですが、今年はジンクスに従って明徳義塾を外してみます。

ということで、

大阪桐蔭、創成館、智弁和歌山、乙訓

の4校。この中から優勝チームを予想してみたいと思います。

昨秋、創成館は大阪桐蔭に勝っていますが、地力で抜けているのはタレント軍団の大阪桐蔭だと思います。この秋のドラフト、大阪桐蔭から何人指名されるんだろう。。。複数の1位指名もあるかもしれませんね。

そのタレント集団が優勝候補とだとあまりに妥当すぎるので、大阪桐蔭を破れるチームはいないか?と考えてみます。

昨年秋の時点ですが、創成館は大阪桐蔭に勝っています。智弁和歌山も昨秋の近畿大会決勝、敗れはしましたが、1-0と接戦でした。ほんとに惜しかった!

智弁和歌山は昨年春の近畿大会、昨年夏の甲子園も大阪桐蔭に敗れているので、チームとしても打倒大阪桐蔭の思いは強いと思いますし、同校OBで元阪神タイガースの中谷選手がコーチに就任してから、どんどん強さを増している印象です。

ですので、創成館、智弁和歌山、共に大阪桐蔭を破れる可能性はあると思うのですが、一番不気味なのは、乙訓だと思うのです。この中で唯一大阪桐蔭との対戦がないのが乙訓。そして、乙訓は春、夏通じて甲子園初出場なので、チームとしてのデータも少ないはずです。

今の時代ですからどこからかデータは取れるかもしれませんが、それでも、やったことがない。データがない。というのは大阪桐蔭にしても嫌なのかなぁと思ったりします。

そして、乙訓には川畑くん、冨山くんという左右のダブルエースがいます。大阪桐蔭の柿木くん、横川くんほど全国的に知名度はないかもしれませんが、力的には負けていないと思います。

左の冨山くんしか実際に見ていませんが、あのボールは大阪桐蔭打線といえども簡単には打てないはず。そして冬を越えてさらに成長しているはず!そして、乙訓は僕の好きな公立高校^^;

ということで、この春は乙訓に期待して、

 

乙訓高校の初出場初優勝!

 

と予想したいと思います。

いつものように最後は予想でなく期待になってしまいました(笑)

最後に、有力校にはあげなかったですが、個人的に滋賀の彦根東高校が凄く好きです。昨年の春季近畿大会で増居くんを見てからファンになってしまいました。

近畿代表校の中では少し力が劣るかもしれないですが、昨秋の近畿大会、兵庫県優勝校である明石商業を破っておりますので、それを自信に甲子園でも頑張ってほしいです!

以上、僕は乙訓高校優勝と勝手な予想(期待ですね笑)をしてみましたが、みなさまの予想する優勝校はどこでしょうか?

ぜひ以下、投票してみてください!!

第90回記念選抜大会の優勝校は?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...

おわりに

今年も高校野球の季節がはじまりますね!!

このブログでも、春の選抜有力と予想した高校の試合結果や、実際に甲子園球場で見た試合などを紹介していきたいと思ってます。

また、春の選抜関連の本も出ると思いますので、それらを読んでの感想も記事にしていきたいと思います。

大会が終わりましたら、自分の予想との照らし合わせもやりたいと思います。

開幕まであと約二カ月。待ちに待った高校野球を楽しみたいと思います!!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


プロフィール


管理人:わいんだーずさかもと
年齢:30代後半
趣味:野球、音楽、ランニング

高校野球の魅力に取りつかれている、元高校球児のアラフォーオヤジです。今でも高校野球は春、夏、秋と地区予選から観戦します。大阪在住なのでどうしても関西(特に大阪)の高校の記事が多くなってしまいますが、自分が見た試合の紹介、また大会の予想などをしていこうと思い、高校野球ブログを立ち上げました。こちらでもうちょっと詳しく紹介してます。